トップページ > スマートエネルギー > 廃熱の面的利用

廃熱の面的利用

国内の面的利用事例

名古屋駅周辺

出典:「省エネルギー2007年8月号 Vol.59/NO.9
名駅周辺の地冷接続、面的利用で省エネ推進」より

名古屋駅周辺において、2地区の地域冷暖房間に新たに熱導管を敷設し、1地区のプラントに熱負荷を集約して他地区へ熱融通を行うことで、プラントの高負荷・高効率運転を促進し、両地区合計の省エネ・CO2削減を実現した事例である。

本件は、名駅南地区(平成10年12月供給開始)と名駅東地区(平成18年10月供給開始)における冷水と蒸気の熱融通であり、その効果および両地区の供給能力は以下の通り。

<この取組による効果>

1次エネルギー消費量削減効果

約8%

CO2排出量原単位削減効果

約10%

<供給能力>

名駅南地区

冷熱:107.6GJ/h

温熱:133.5GJ/h

CHP:ガスタービン1500kW×2

名駅東地区

冷熱:169.6GJ/h 温熱:107GJ/h CHP:ガスタービン2000kW×2 295kW×1